カテゴリ:家の日々( 74 )

コドモ部屋 その1

そろそろ、小四のマナムスメの部屋を作ってあげようと思っています。

朝ご飯の時、どんな部屋が良いか、何が必要かを聞いてみた。
「ベッドと、机と、あとは、、木枠の窓をつけてほしいな。」と。

「行ってきます!」と元気に登校した後、マナムスメの机の上を見て驚いた。

雑誌 PLUS 1 Livingが置いてあり、特集が、なんと、
c0197671_12142210.jpg
 私が幸せになれる部屋 (え〜!笑)

ツマにその話をしたら「あっそれね、、わたしが後で表紙を撮影するのに置いたの」と。

[100人に聞く私が手ばなせないモノ]にツマが取り上げてもらったようです。
 こちらをご覧くださいね。

:::

コドモ部屋ブログを続けていこうと思っております。



by tuki-ichi | 2017-09-22 12:24 | 家の日々

夏 草

妻がただいまウェブマガジン『暮らしとおしゃれの編集室』の「今日のひとしな」というコーナーで、
8月いっぱい一日一品コラムを連載しております。

:::

我が家も6年目の夏になり、みどりが

c0197671_13552861.jpg
c0197671_13554344.jpg
もじゃもじゃ。ジムショの看板が、
c0197671_13553433.jpg
見えなくなってきました。

:::

マナムスメがまだ3才だった6年前。

「とうさん。お庭で遊んでもいいですか?」と。
c0197671_13553906.jpg
ん?どうやら道路までの奥行き90センチ長さ5メートルのわずかな庭(?)のことらしい。

ある日、草たちに水を撒いていると「とうさん。どうしてお水をまくの?」と。
c0197671_13554673.jpg
水をあげると草たちが大きくなるからねと撒いていると、

「たいへん、お家の壁にも水がかかっているよ!」と心配そう。

大丈夫だよと言ったのだが、、、

「とうさん。お家が大きくなっちゃうよ!」と(笑)。

家に水をかけて大きくなるなら、、大きくしたいです。




by tuki-ichi | 2017-08-04 14:10 | 家の日々

ki-to-teさんの椅子

仕事がら有名無名、古今東西の椅子にたくさん座っています。

ある日ある時、腰掛椅子に座ったところ、なんとも座り心地が良くぼくのお尻が大喜び(笑)。


その普通で美しい腰掛椅子を作ったのがki-to-teの前田充さん。


マナムスメ9才の誕生日、前田さんに椅子をつくってもらいプレゼントすることにしました。

c0197671_12372774.jpg
小さくて、威張ってない普通の椅子。
c0197671_12325437.jpg
前田さんは、すぐに試作品を作ってくれて「しばらく座ってみてから聞かせてね」と。

座り心地や椅子の高さなど、いろいろ相談し試作品を一度お返ししました。

しばらくして、今度は我が家で微調整できるように試作品を持ってきてくれました。

c0197671_12383477.jpg
部材の位置や高さ、角度をほんの少しだけ変えると、ぐっと良くなるのがわかる。


天童木工の小椅子(水之江忠臣)よりも、

c0197671_12363684.jpg

小ぶりです。我が家の食卓に似合うようにと、

c0197671_12345799.jpg

雰囲気をあわせてくれました。

強度もバッチ・グー


椅子は、いつも我が家の食卓にあるので、musubiが開店している時に見に来てくださいね。


そして、ぜひ座ってみて、お尻を喜ばせてください(笑)。


:::


[工房からの風から]に前田充さんが出展するようです。


・伊勢丹新宿店 本館5階 センターパーク/ステージ#5


・3月15日(水)~21日(火) 10:30~20:00


c0197671_12365882.jpg
(上の写真:前田さんの工房にて)


by tuki-ichi | 2017-03-10 12:49 | 家の日々

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末、ツマが「おっ、でかしたぞ」と。
見たかった映画ペアチケットが、どちらか50才過ぎだと、かなり割引になった。

さらに、ツマが「おっ、でかしたぞ」と。
行きたかった温泉ホテル&遊園地が、50才過ぎの家族がいっしょだと、かなり割引になった。

マナムスメは8才。
遊園地の激しいアトラクションの年齢制限を見たところ、「10才以上〜60才以下」とあった。
(上限もあるのね・・51年間、知らなかった・笑)

:::

ホテルの窓のカーテンを開けたら
c0197671_16081354.jpg
きれいな富士山。

みなさまにとって良い一年となりますように。


by tuki-ichi | 2017-01-06 16:27 | 家の日々

境界

富士吉田市でリネン生地をつくっているALDINさんの工場見学を家族でさせていただくことになった。
道中の道志川で、
c0197671_1616059.jpg

せっかくだからキャンプ泊をしながら向かった。

富士山麓のALDIN工場は、
c0197671_16194196.jpg
c0197671_16185716.jpg

ジブリ映画のようです。
c0197671_16204141.jpg

年季のはいったガンコそうな
c0197671_1621884.jpg

機械を、熟練した
c0197671_16215486.jpg

職人さんが調整しつつ、糸を紡ぐ。
c0197671_1622138.jpg

その丁寧につくられたリネン生地は、
c0197671_16175195.jpg

本当に美しい。

工場長の説明を聞きつつ、マナムスメは、
c0197671_16244255.jpg

作る過程のスケッチを真剣に描いている。

オトナもコドモも、遊ぶと学ぶの境界は無い。

ただいまツマのお店musubiでは、7月30日(土)まで[ALDIN展]をやっています。
是非いらっしゃってくださいね。

:::

我が家(テラ・コヤ)とお隣の丸山さんの家(HOMEBASE)の隣地境界には、
c0197671_16325411.jpg

ブロック塀やフェンスなどは無い。
境界に、
c0197671_1650316.jpg

ユーカリの苗木を植えました。

仕事仲間のガーデン屋さんが通りがかり「ユーカリって巨木になるのを知っていた?」と笑っていた。
知らなかった・・・。しかも境界のプレートが
c0197671_16342369.jpg

取れちゃった(笑・古い境界杭と巨木があるから大丈夫)。

お隣さんと仲が良かったら、ブロック塀やフェンスをとっちゃって、木を植えたり細いけれど庭にしてみたらどうだろう。

風通しがよくなり、ついでにスキマが大好きな
c0197671_16351777.jpg

ネコやコドモが入ってくる(笑)。

7月30日(土)に[ニコ・イチ オープンハウス]があります。
こちらも是非いらっしゃってくださいね。
by tuki-ichi | 2016-07-26 16:50 | 家の日々

誕生日 父の日

わたしの誕生日は、父の日と近い。

去年の誕生日&父の日にマナムスメからプレゼントをもらった。
袋を開けると、
c0197671_16572730.jpg

丁寧に切られた星型の紙がたくさん入っていた。

「とうさん、お仕事がつらくなった時は、星を壁に張ると元気が出るよ。」と。

辛い時に張ってみた。
c0197671_1658215.jpg

元気百倍(笑)。
あと数枚だけが残っています。

今年のプレゼント。
c0197671_165903.jpg

開けてみると、
c0197671_1659274.jpg

肩もみ券とおつまみ券。1分と5分の延長付き。
ミシン目は、
c0197671_1701554.jpg

本物のミシンで穴を開け、券がちぎりやすくなっています。

形は、誰もが見過ごすような小さなことに気づき、使う人の気持ちを考えて、作る。
愛情かけて面倒でも少しヒトテマかけると、モノは急に生き生きして使いやすくなる。
 そんなことを教えてくれる

:::

「70歳で一人前だね」
 アントニン・レーモンド先生

ん...まだまだ先は長いのぉ...

マナムスメよ、毎年プレゼントをよろしく頼む

あと20年近く (笑)。
by tuki-ichi | 2016-06-22 17:18 | 家の日々

FLAT HOUSE style 04

アラタ・クールハンドさん(著者)のFLAT HOUSE style 04
c0197671_1551913.jpg

4年前に解体された前のテラバヤシ・セッケイ・ジムショ兼すまいが出ております。
アラタさんの写真と文を読みながら、平屋での日々を思い出しました。

   家の記憶

是非、書店にてお手にとってごらんくださいませ。
by tuki-ichi | 2015-06-01 16:06 | 家の日々

冒険遊び場

国立市内に、まだ雑木林や畑が残っていて、近くに水が湧いている公園があります。
そこに冒険遊び場というプレーパークが毎週日曜日に開かれることになりました。

マナマスメ(小1)と行ってみた。コドモたちが、
c0197671_13261231.jpg

元気に遊んでいる。

大きな木に登山用のロープをかけて、
c0197671_1336773.jpg

ぐんぐん登っています。

持参したイモやおにぎりを
c0197671_1327362.jpg

ブロックのかまどで焼いて食べる。うまい。

原っぱには、
c0197671_13275321.jpg

シートが敷かれ、
c0197671_13365715.jpg

大工道具と
c0197671_13371877.jpg

枝や板、壊れたソロバンなどの材料があります。それらを自由に使い
c0197671_13384552.jpg

コドモたちが不思議なモノを造り上げています。マナムスメは、
c0197671_13332961.jpg

大好きなぬいぐるみのための家(?)をつくっていました。

おっ、
c0197671_1329152.jpg

凧づくりもしています。
c0197671_13291827.jpg

青い空に真白な凧・・・   

わたしは、のんびり散歩しながらビール(笑)。

素朴で単純な遊びや食事をしながら、ふと思う。
自らの手足を動かし、頭で考えることは、やっぱり楽しい。

=お知らせ=

2月21日(土):我が家で簡単な家具を造るワークショップをやりたいと思っております。

詳細は、また後日にいたしますね。
by tuki-ichi | 2015-01-29 13:42 | 家の日々

LEE

雑誌[LEE]8月号に我家の台所を掲載いただきました。
c0197671_1550776.jpg

「小さくても愛しい私のキッチン」

書店にて、是非お手にとってご覧下さいませ。

:::

暑くなりましたね・・、

我家の猫(トト)は、タライで
c0197671_1554338.jpg

寝ております。

(行水ではありません・笑)
by tuki-ichi | 2014-07-15 15:54 | 家の日々

子ども机

ただいま発売中の[天然生活]6月号に、店musubi事務所と家を掲載いただきました。
c0197671_1455529.jpg

特集「拝見、気持ちいい家」

書店にて、是非お手にとってご覧下さいませ。

:::

マナムスメが小学生になり、
c0197671_1814434.jpg

子ども机をつくりました。

机というよりは、絵を描いたり工作したり、
c0197671_18142576.jpg

たまには、勉強したり(笑)。
なんでもできる[作業台]がいい。

たとえば、、この写真は、
c0197671_181825100.jpg

ジャスパー・ジョーンズの机(作業台)。 

材料は、全て安価なシナベニヤ板にした。
お金は、材料よりも人に払った方がいい。
造る職人が腕をブルブルふるえるように。
材料自慢ではなく、汚れやキズを怖がらずに丈夫で使う人が楽しくラフに使えるのが一番さ。
家も同じですよね。
(でも...ベニヤ板よりも無垢板の方が、やっぱり良いけれど・・、)

 家具製作:真吉

天板は、
c0197671_18214164.jpg

引出しの台に乗せただけ。(大人が乗っても大丈夫。)
汚れやキズで使いづらくなったら裏返し=新品(笑)。

天板の壁ぎわには、取外しの時に持ちやすく電気配線も通る、
c0197671_1823077.jpg

穴をつけた。

引出しは、
c0197671_18225434.jpg

抜き取ると、
c0197671_1823150.jpg

トレー状になっています。
絵を描いたり工作したりする時は、
c0197671_11222874.jpg

持ち運びができます。

引出しの奥は、
c0197671_18242338.jpg

大きなスケッチブック入れ。

:::

ずっと、とっておきたいモノを入れる箱を別に用意した。
c0197671_18254826.jpg

その箱を引出しの台の下に入れれば、大人の高さになる。
c0197671_18262639.jpg

 (モデルは,妻です)

思い出の箱は、君がコドモを授かり母親になったら、
c0197671_18303844.jpg

小学生になったコドモに見せてあげるといい。

君がとても楽しいコドモだったことを
by tuki-ichi | 2014-04-23 18:43 | 家の日々