<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

木のコドモオモチャ 02

オモチャではないけれど、
c0197671_13354458.jpg

木でつくったコドモの椅子と机
床や壁の残材、日曜大工です。

製作時間=30分。
手直し=1時間(むずかしいです・笑)


昨年のクリスマス、娘にオモチャを買ってあげよう...たまにはね。
そうだ!小さな電子ピアノ...リズムがついていると、なお喜びそう。
音が狂っていると絶対音感どころか絶対音痴(笑)になりそうだから、
コドモのオモチャといえ、きちんとしたピアノをね。

その事を一緒にいた方に話したところ
「ん...プラスチック製か...テラ家らしくないカモ...テラ家といえば木じゃない?」
その通りです!木で探しました。そこで...

c0197671_13294779.jpg

  鉄琴 (木じゃなく 鉄だ・笑)

「ここまで良い音だと、オモチャじゃなくて楽器ですね」と
どこかのブログで書かれていました。
正確で澄んだ良い音です。
世界的に有名な打楽器メーカーSONOR社が、こんなに小さなものをつくっていたとは...

小さなものでも 手をぬかない
大きなものは 小さなものに 優しくしなければならない
そんな当たり前の事を考えさせられる
by tuki-ichi | 2010-02-23 13:42 | 家の日々

木のコドモオモチャ 01

c0197671_14214230.jpg

テラHP日記の(2010.02.17)土をこねて作った玉のアップ写真です。
不揃いな形、天然顔料の沈んだ色合いが美しい(食べてしまいたい・笑)。


秋岡芳夫さんの「暮しのリ・デザイン」(新潮社)にも出てくる、ジモト旭川市の木工作家・故太田久幸さんがつくった鳩です。
c0197671_1355110.jpg

中野区にあるモノ・モノでコドモのために購入しました。

「太田さんは亡くなってしまったから、ここにある数点で終わりなのよ。
全部出してあげるから好きなのを選んでね。」と見せてくれたモノ・モノのYさん。

選んだのは皆さんに触られ深いツヤになった店頭品

ユラユラさせると角度によって木目の深みが変わります。うつくしい...

----------------------------------
「暮しのリ・デザイン」文中より、

 クラフトとは(中略)うるさい定義があります。(中略)

 久さん、ぼくはこう思ってます。

 クラフトとは人間が楽しみに創るものだと。

 作りたくてやむにやまれず創るものだと。

 あなたの鳩の作り方のような作りのモノだと。
by tuki-ichi | 2010-02-17 13:58 | 家の日々

オープンデスク

オープンデスクでやってきたMさん。

Mさんは2回ほどやってきたのですが、ただいまステップアップのため北欧です。
写真はMさんが持参してきた模型製作マイグッズです。
c0197671_20252011.jpg

化粧品を持ち歩く小さな入れ物には、たくさん大小の定規やカッター、ボンドやらナンヤラ・・
カッターの歯は丁寧に油紙に巻かれています。
まるで‘渡りの職人’みたいです。

専門学校へ週に一度半日教えに行っているのですが、模型の実習で学生に、この入れ物を見せました。

テラ「今、うちのジムショにきているオープンデスクの方の模型道具入れだよ。
   どうだ!スゴイだろ。模型を造るにはさ、まずは自分の道具を大事にしなくてはね。」と・・

ある学生「ん?と言いますか...センセイのジムショはさ、オープンデスクをまだ募集してるの!?」

テ「ん?してないよ。だって、うちのジムショは狭くてね、、オープンなデスクが無いのだ。」

あ「ん?という事は・・センセイのジムショはオープンデスクではなくて・・言ってみれば、、
  ただのオープンなんだね!・笑」

  学生よ、良いコト言うなぁ・・
  テラジムショは、いつでもオープンでありたいです・・

(注:オープンデスク及びオープンの募集はありません・笑。 Mさんだけ)
by tuki-ichi | 2010-02-03 20:42 | しごと

業務連絡(?)バッチグー!

「えぇー!仕事もしないでブログばかり書いてんの!」
と思われるのもナンナノで、、、
 また書きます・笑
という業務連絡でした。(?)

ラワンベニヤのことを書きたいなぁ・・
by tuki-ichi | 2010-02-02 14:15 | しごと