カテゴリ:DIY( 13 )

DIY 新築

DIY好きのOさんの家。

今年に入り、
c0197671_09295088.jpg
地鎮祭があり、先日無事に、
c0197671_09301063.jpg
上棟しました。
施工会社の工事が終わりましたら、DIYで左官を塗ったり、家具を作っていきます。

:::

かなり前ですが、週刊文春に「読むクスリ(上前淳一郎)」という連載がありました。
その中で、ベルギーの人がプロに頼まず、自分たち家族だけでレンガを積み家を建てる話しが出てました。
ベルギーでは[男の子は、お腹の中にレンガを持って生まれてくる]と言うそうです。

下の写真は、
c0197671_09302468.jpg
[THE GIFT TO BE SIMPLE]という本の裏表紙。
いいなぁ・・・

家は、自分で全てつくってみたい・・・

自宅を建てる時に、ぼくもそう思ったが出来ることは、
c0197671_09325633.jpg
内装工事など。
建物全体は、施工会社にお願いしました。

今でも小屋でいいから、いつか家族だけで全部建ててみたいと思う。
写真の
c0197671_09305610.jpg
ひいじいちゃんたちみたいに。

じいちゃん。
今となっては、うらやましいぞ(笑)。






by tuki-ichi | 2017-04-20 09:34 | DIY

本棚 DIY

第1回[テラ・コヤ イベント]本棚DIYの様子です。
c0197671_22333828.jpg

[昭和の公団]のオープンハウスで秋田さんがつくっていた、
紙芝居形式の手製フリップボードをわたしもつくってみた。
c0197671_22114282.jpg

せっかく作ったので、みなさんにもお配りしました。
c0197671_2223477.jpg

メモしたり、質問があったり。
c0197671_22124111.jpg

それから講師でお招きした家具職人の真吉さんのレクチャー。
:::
真吉さんから、
「テラちゃん。お願いがあるのだが…バームクーヘンを当日用意してくれない?」
 木つながりで、みんなでお茶の時間に食べるのも良いかもと思っていたら、
「レクチャーの材料にしたいのだ。もちろん食べようね。」と。
c0197671_2214492.jpg

バームクーヘンを木に見立て、ナイフをノコ替わりに切り、
c0197671_22133838.jpg

板目と柾目の取り方や無垢の木を扱う家具職人は、その特性を理解して製作するとわかりやすく説明してくれました。
c0197671_22442339.jpg

生きてきた木は、製材して家具にしてからも生き続ける。
木は再生産可能だから伐って、植えて、育て、守る。
そして、また伐ってと、その循環が大切だと。

:::

DIY開始です。真吉さんから作るための手順を教わりました。
まずは棚の位置などの線のひきかた(墨付け)。職人は、
c0197671_22171059.jpg

それぞれのやりかたがアルが、それは正確で早くするため。
c0197671_2220435.jpg

そうして、いよいよ、
c0197671_22211357.jpg

組立。
猫のトトも参加したが、
c0197671_22252114.jpg

邪魔(笑)。コドモたちが、
c0197671_2225476.jpg

遊んでくれました。
簡単に見える電動ドライバーが、
c0197671_22214870.jpg

意外と難しい。けれど一本一本打つごとに、
c0197671_2222446.jpg

上手になっていきます。

ようやく完成!
c0197671_22262546.jpg

そうそう、塗装のための良いオイルをつくっているリボス社から輸入している、
c0197671_22272669.jpg

イケダ・コーポレーションさんから小瓶のプレゼント(感謝)がありました。

:::

来ていただいた皆様。
本当にありがとうございます。

日程的に合わなかった皆様。
次回は、一緒に料理をしたいコドモたちのための台をつくります。
c0197671_22305010.jpg

題して[おてつ台・笑]

真吉さん、ありがとう!
また、よろしくね。


:::
テラバヤシ・セッケイ・ジムショ
by tuki-ichi | 2013-02-25 22:33 | DIY

米びつ と 雨水タンク(DIY)

夏休みは、いかがお過ごしでしたでしょうか?

我家は、床の汚れを落してからオイル塗り重ねで、
c0197671_16505256.jpg

終わった(笑)。

:::

マナムスメは、透明の米びつを見てお米が少なくなってくると、
c0197671_163937100.jpg

「おこめが、、ないねぇ…。」と不安がる。
やっと話しができる小さな頃から(笑)。

わたしの住む国立市は、ヤクルト工場の空容器を再利用し雨水タンクとして市民に提供してくれています。
我家は100リットルのタンクをもらいました。
(ちなみに、我家の屋根の一部水平面積約12平方メートルで、100リットルはすぐに貯まります。庭や打ち水ですぐになくなるので、一軒家でしたら200リットル以上がオススメです。)
c0197671_1647110.jpg

タンクの下に穴をあけて安価なプラスチック蛇口をコーキングとネジで、雨樋には、既成の取水取り出しパッコンをDIYしました。
単純ながら、とても楽しい!
c0197671_16481064.jpg


晴れの日が続くと、雨水タンクの貯水量が気になってくる…。

庭の水まきに水道水を使うのは、かなりもったいな気がする。

夕立ちがふると雨樋につけた取水取り出しをあわてておろす。

:::

お米がたまり、

雨水がたまり、ついでに、
c0197671_16483549.jpg

お金もたまると嬉しい(笑)。

:::

夕立ちの後の街は、
c0197671_1649829.jpg

銀色に輝いて美しい・・・
by tuki-ichi | 2012-08-22 16:59 | DIY

枕木 DIY 我家編

「猫のコトばっかりじゃなくて、少しはさぁ有益な情報をね」との声もちらほら。

昨年新築した我家(ジムショ兼、妻の店)に敷いた枕木DIYの記録です。

:::

我家の入口は、枕木を敷くためにしばらく、
c0197671_11472988.jpg

道路より下がったまんまでした(はずかしいです・笑)。

枕木を国産材で探してみたところ小林三之助商店という素敵な屋号の枕木屋さんがありました。
少量で個人納入、大変めんどうで申し訳ないが可能でしょうか?と電話で聞いてみた。
「良いですとも。カットもしますよ。」となんとも心強い。

本数やカット寸法を描いてFAXして、
c0197671_11571375.jpg

我家に枕木が届いた。

枕木カットの余り材も一緒にもらい、
c0197671_1216105.jpg

枕木を敷く前の地盤を締め固めする木製ランマーをつくった。
;;;

枕木の他に必要なモノは、
c0197671_12131568.jpg

路盤材と、
c0197671_12133986.jpg

砂や砂利、土(ホームセンターで購入)。まずは路盤材を敷き、
c0197671_12243175.jpg

しっかり木製ランマーで締め固め。

今度はレベル調整のために、
c0197671_12231883.jpg

砂をまいてから板などで平にする。いよいよ枕木を置いて、
c0197671_12262618.jpg

枕木の間には、水はけが良いように砂利を入れて、
c0197671_15134818.jpg

完成です。(上の写真は、施工1年後)

:::

注意点
・自動車が乗る場合は、プロにお願いしてコンクリートで下地をつくってもらうか、
 機械のランマーで、しっかり転圧してもらうとよい。(我家は人が乗る程度です。)
・枕木のカットは、チェーンソーなどが必要なので、あらかじめカットしてもらう。
・枕木下の地盤をしっかりする。平にするなどが大事。
・枕木は土が接するところから傷み始めます。
・枕木は重いです。数人で楽しみながらね。(ビールがうまい)
・以前アップした枕木DIYブログご参考まで。

:::

 有益に なったでしょうか?

 つまらない? それでは、、おまけ。

仔猫のトトは気持ちの良い場所を見つけて昼寝Zzz

  まどぎわの
c0197671_12364097.jpg

  トトちゃん
by tuki-ichi | 2012-07-02 12:37 | DIY

床張り DIY

小さな我家の中に妻の店[musubi くらしのどうぐの店]とわたしの事務所がある。
c0197671_10354298.jpg

わずか9.5畳の空間。

我家は商店街の中にあり防火に厳しい地域なので、柱や梁などは石膏ボードでおおい木を見せる事ができない。
そこで1階床にはスギ板30ミリ厚を張ることにしました。

スギ板を張る前に冷える土間コンクリートには、
c0197671_10411250.jpg

断熱遮熱塗材ガイナを塗りました。コンクリートが冷たくない。床下空間の空気も良い。くぅー贅沢!

転ばし根太(床下地)調整クサビで水平になるように、
c0197671_10492991.jpg

0.2ミリ単位で調整して設置。これがかなり難しい・・。

ここまでできれば、
c0197671_10542957.jpg

楽しい板張りが、
c0197671_10553521.jpg

待っている!

そして板の呼吸をとめないリボス・カルデット(クリアー)を二度塗りし完成!

:::

乾燥しているこの時期、店にある温湿計を見てみたら、
c0197671_116489.jpg

温度20度で湿度は50%だった。

木には、調湿能力がある。
柱一本で、水分の出入りが一升瓶一本分らしいから驚きです。

この9.5畳のスギ板の調湿能力を計算してみた。
床材だけで一升瓶なんと15本分。
さらに店のスギの家具もふくめると約33本分!

インテリア材を単に見た目だけで選ぶ事なく、
機能性まで考えると気持ちの良い空間になる。
機械仕掛けよりも無垢板を張ったり左官材を塗った方がより良い。


それにしても・・33本の一升瓶か・・。

ニッポン酒だったら・・なぁ(遠い目・笑)

:::

2017.06(記)
先日、木の詳しい人と話をしていたら、
「12センチ角のスギ柱の調湿能力は、ビール瓶1本くらいだと思うよ」と。

とすると上記の33本の一升瓶は、ビール瓶33本となります。

これから暑い夏がやってきます。
ゆでたての枝豆、
冷えたビール瓶、、ジョッキについでゴクゴク・・最高ですね!(33本?)

by tuki-ichi | 2012-02-21 11:34 | DIY

DIY? 日曜大工?

いまさらですが、
「DIY」とは、Do it yourselfの略語で日本語にすると「自身でつくろう」となるようです。

「日曜大工」とは、休日や余暇を利用して行う木工作業を指すらしいですが、今時は大工仕事だけじゃなく塗装など広範囲。

さて、その「日曜大工」と命名した方が秋岡芳夫さんです。

やっぱり「DIY」より「日曜大工」の方が、しっくりきますね。
ランチよりも、お昼ご飯!
「今晩の我家のディナーはね、、」とは、言いませんし(笑)。

週末に向けて、
c0197671_18405416.jpg

毎週のように日曜大工の素材が届きます。
今回は、我家の床材と同じところです。

いつも大変お世話になっている徳島県物産販売東京事務所さんへ頼んで「中千木材」さんから、スギ板と角材がカットされて送られてきました。

  楽しみで
  うれしい
  日曜日がやってくる


:::
テラバヤシ・セッケイ・ジムショのホームページ
by tuki-ichi | 2011-06-21 19:04 | DIY

左官 DIY

我家(新居)に引越しをして3週ほどたちましたが、
c0197671_1024717.jpg

カーテンは今だに無く、かわりにマスカー(ペンキ塗りなどに使うビニル付きテープ)で代用。
題して、マスカーテン!?

新居で一番くつろぎ楽しんでいるのは、
c0197671_1022491.jpg

猫ひじき。
ひじきは「ん、この家まあまあいいんじゃニャイか。」と言っているようです。
(気に入っていただき光栄でございます。)

:::
さてと、「カルクウォールDIY」の記録です。
DIYを左官職人のワキヤさんと一緒にやってみました。

ワキヤさんが来る前日までに下地材「ミネラル下地」を塗らなければなりません。
左官バケツを開けて、
c0197671_1030772.jpg

木の棒でカルークまぜまぜ。
となるはずだったがバケツの底に固形物が、、おも〜いっす。
結局30分程、悪戦苦闘して、なんとか混ざりました。

石膏ボードにミネラル下地を小さなハケと大きな面はローラーで塗りました。
まる一日乾かしてみたら、
c0197671_10385121.jpg

けっこう固いブツブツ。これにカルクウォールがくいつくというワケですね。

ワキヤさんがたくさんの道具や足場、コテなどを持って、
c0197671_10411697.jpg

いよいよ朝イチにやってきました!やってくるとすぐに、
c0197671_10533113.jpg

マスキング養生。 しかも、
c0197671_10542129.jpg

数時間かけて徹底的に養生です! 
「これで仕事の良し悪しが決まるよ。左官仕事も他の仕事もそうだと思うけれど段取り八分さ。」と。

養生が終わるとカルクウォールのバケツに書いてある取扱いを、
c0197671_10574296.jpg

じっくり読んでおります。

いよいよバケツを空けてミキサーで、
c0197671_1103354.jpg

カルクウォールをまぜまぜ。 
木の棒でまぜまぜと違ってアっと言う間。

それからにウラ(着色剤)を投入して、
c0197671_112349.jpg

さらにまぜる。
ここまできてやっと左官塗りにはいります!

始める前に左官のコツを聞いてみた。

「え〜と、、まっ、やってみるべ!」  はい(笑)。

ワキヤさんは細かく難しそうなところを、
c0197671_1195548.jpg

塗ってくれます。

「チワッス!」とみどり建設のアサダさんがやってきた。
c0197671_1174751.jpg

「わたくしもマジ塗りしまっせ。」
 
素人二人はドンドン塗りまくり、
c0197671_11122276.jpg

プロ一人は、塗りながら素人の塗ったあとを適度に直してくれました。

使った道具は、左官材が固まらないように、
c0197671_11135471.jpg

使いながらバケツに入れておいた水で流して掃除しておきます。

そうして道具や足場、マスキングをアっと言う間に撤収。 
撤収時間が驚く程早い! プロは、こういうところが違います。

完成品は、
c0197671_11171939.jpg

こちら! 
陰影が美しい、、、(=素人のコテあと・笑)

ワキヤさんは「お疲れさん」と言ってお帰りになりました。

::: 後日、

みどり建設の石井さんから電話がありました。

「あの〜、お願いがありまして、、」 ん、なぁに?
「ワキヤさんから電話があって、、休みの日にパチンコに行きたいらしいのね、、。」?はぁ。

「テラ・コヤ(我家の名前)の塗り残しが気になってパチンコどころではない!と苦情(笑)がきて、、。 今度の休日に塗らせてね。」 
 ありがとう、ワキヤさん(涙)。

::: 後日、
ワキヤさんがやってきて「全くパチンコどころではない。」と大笑い。
「この左官材に試してみたいコテもあってね。」と。
 中途半端が嫌いな根っからの職人さんなのですね、、

 一番目立つ天窓近くで、素人では難しく危険な場所を塗ってくれました。
c0197671_11252011.jpg

  素人が手を出していない左官職人のその壁は、本当に美しい・・

 左官は本当に難しい。
 道具も奥が深そうだ。

 素人が簡単に手を出しては、いけないのではなかろうか・・とワキヤさんに聞いてみた。
「いいんじゃないの〜。素人でも器用な人はうまいよ。」と。

  左官材と道具と対話しながら、美しい空間をイメージして
  自らの手を信じ、不器用でも真剣につくりあげて行くこと
  それがDIYでは、とても大切なコトかもしれません・・・

 ん、、?ちょっと待ってよ、、
「器用な人はうまい」ということは テラバヤシは、
 不器用というコトですね(笑)。

c0197671_1132185.jpg

ワキヤさん、アサダさん、本当にありがとうございました!


:::
テラバヤシ・セッケイ・ジムショのホームページ
by tuki-ichi | 2011-05-25 11:44 | DIY

オイル塗り DIY

我家(新築テラ・コヤ)のオイル塗り他DIYを日曜日にはじめました。

ひとりで静かに塗っていると外からの話し声が聞こえてきました。

 「この建物、リフォームだよね?」
 「違うよ、こんなにきれいだから新築だよ。」
 「そうかな?」
 「...う〜ん。やっぱり、、リフォームだね!」
 
 (以前の家と印象が変わらないのかな。なぜかとても嬉しい。)

ご近所さんから声をかけられた。
「おっ、がんばってるね。しっかりやらないとね。プレッシャーかかるでしょ?」
 
 (ん?な、な、なんで?)

 「だって造るのをみていたらさ、職人さんたちがとても丁寧に仕事してたし。
  だからね、しっかりときれいに塗らないとね。ハッハッハー。」

 (・・・その一言がプレッシャー)

:::

木部にはリボス社の透明オイルを、
c0197671_16381718.jpg

4種類塗り分けたり、違うオイルを重ねたりとしています。

入口引戸に塗ってみると(タテの濃いところ)、
c0197671_16421538.jpg

しっとり美しい。

そして、いよいよカルクウォール左官に、
c0197671_16441340.jpg

左官職人のワキヤさんに教えてもらいながらDIYチャレンジ。

のんびりしていたら我家の引越しが間に合わなくなってきました(悲)...
イベントとしては中止させていただきマジ塗りさせていただきます。
楽しみにしてくださった皆様、本当に大変申し訳ございません。
また楽しい企画をしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

c0197671_17331980.jpg

 あたたかいニャ Zzz
by tuki-ichi | 2011-04-07 17:33 | DIY

内装 インテリア D I Y

我家の新築、テラコヤはもうすぐ引渡しとなります!

しかしながら予算の都合上、内装は、
c0197671_1541779.jpg

無いそうです(笑)。
石膏ボードのつなぎ部分とビス頭にだけパテをかけてもらいました。

去年行ったオーストラリアの飛行場の内装も仕上がっていなかったのですが、
c0197671_15151.jpg

下地の状態が何となくカッコいい!
似ていますねぇ。どこの国も同じ! ?あれ、こちらは予算不足では、ありませんが。

さてと、引渡しの後はユックリDIYです。
2階の壁は、左官カルクウォールを塗ります。

だいたいのコトは得意なのですが、、左官作業だけはうまくいきません
ドロドロしたモノをコテにのせて壁に均等に塗る、、うまくいきません

そこで、みどり建設さんの左官屋さんと一緒に。
(ワキヤさん!ご指導よろしくお願いいたしまーす。)

  ------------

ただ安くするためにだけにDIYするのではなく、もっともっと積極的に、単純に自分たちの家に手を入れてみる。

 3才になったばかりのマナムスメも、
c0197671_1541277.jpg

 丁寧にペンキ塗り=自分たちの家

めざすは、DIY(Do it yourself)のもう少し先にあるDIY(Design it yourself)

6年前に参加した【ライフデザインからはじめるDIY展】の
c0197671_15295768.jpg

パンフレット。

 「 Design it yourself  住宅の原点と未来 」


:::
テラバヤシ・セッケイ・ジムショのホームページ
by tuki-ichi | 2011-03-07 15:44 | DIY

夏休み特集 その1(ウッドデッキDIY)

夏休み、いかがお過ごしでしょうか?
テラ・ジムショは、夏休みにはいりましたが、今日だけ一日のんびり仕事をしております。

さてと、「なぜ、DIYするのか・・」
・・ヤヤこしい話しは、、無しで(暑いので)。

まずは、新築Fさんの家、ウッドデッキDIYです。

当たり前(だのクラッカー)ですが図面(=計画)が、
c0197671_18311390.jpg

大事です。

スタッフ・オガワがDIY隊長なのですが、この図面段階ではテラバヤシ隊員はイチャモンを言わせていただいております(笑)。
「構造的に、こうした方がより強いカモ。」
「こうした方が材が少なく安くなるカモ。」

そうして、図面通りに全てカットと塗装をしてもらった木材を発注。
後日、Fさん宅に納品され、DIY当日に、
c0197671_18323425.jpg

オガワ隊長がFさんに組み立てのご説明。

あらかじめ隊長は、土に割り箸を打ち込み、
c0197671_183439.jpg

敷石(束石)の下レベルを出していました。
割り箸の先端が埋まらないように、砂利を平に固めながら、
c0197671_18345083.jpg

10ヶ所、敷石を設置。(全てがフラット。いい感じ。)
お父さんとお母さんが、
c0197671_1835388.jpg

ウッドデッキの構造を造っていきます。

コドモは車で、
c0197671_18362564.jpg

現場を監督(カワイイ)。

お父さんの電動ドライバー音が、
c0197671_183781.jpg

軽快になっていきます!おっ、
c0197671_18393591.jpg

完成です!

本当のお楽しみは、やっぱり、デッキを
c0197671_18511925.jpg

使うコト!コドモが並んで朝ゴハン。

お外は、やっぱり気持ちが良い・・・
c0197671_18493041.jpg

そうして・・・

c0197671_1850435.jpg

ゴロン(笑)。

製作時間約4時間
材:小川耕太郎∞百合子社

こちらのウッドデッキ製作もご参照ください。



涼しくなったら、デッキの先に木を植える予定です。

Fさん、お疲れサマーでした!!


:::
テラバヤシ・セッケイ・ジムショのホームページ
by tuki-ichi | 2010-08-12 14:03 | DIY